地銀の転職の面白かったQ&A

user-pic
0

 はじめまして。

 一昨年の春に地方銀行に入行して、現在2年目を迎えます。今度の4月でいよいよ3年目になろうとしています。

 ぼくは、銀行に入行し、最初の1年間は預金担当として窓口業務を中心に仕事をしてきました。その間、預金のイロハや為替について学び、2年目になると同時に店内異動で融資係に配属を替わることとなりました。

 預金業務については概ね理解できましたし、仕事もお客様や職場のみなさんにご迷惑をかけることなくこなすことができるようになったと思っています。

 しかし、融資業務に配置換えになり、また一からの出直しでした。私が担当したのは主に個人向け融資。取り扱うのは、マイカーローンや教育ローンのほか、資金使途を問わないフリーローンの実務が担当でした。今でも、融資業務になったら本当に素人で、毎日融資担当の上司に怒られながら頑張っています。

 そんな中、配置換えになって半年が経った頃、融資担当の上司から「そろそろ住宅ローンの取り扱いも覚えないといけないな」と言われ、初めて新築を検討するお客様の住宅ローンを受付から審査まで取り扱いました。

 住宅ローンは新築する物件を不動産担保として銀行が抵当権を設定します。

 何もかもが初めてのことだらけで不安でしたが、融資担当の上司も一緒になって取り組んでくれて、無事に融資実行まで漕ぎ着けることができました。

 融資の目処が立って、夢のマイホームに近づいたお客様の喜んだ様子は今でも忘れません。

 融資担当に配置換えとなって、もうすぐ1年が経とうとしていますが、先日、上司より「もうすぐお前も3年目になるから、来春からはおそらく営業担当として外回りになるぞ」と言われました。

 銀行の営業担当は、個人顧客だけでなく、地元の中小企業や個人事業主の方を相手に様々な相談を受けなくてはなりません。個人向けローンのように、決まった商品で決まった手続きを経て対応していれば問題なかった内容から、様々な方向からお客様の相談に対してベストの選択をして対応していく必要があります。そして、営業担当ということは、全て銀行の外で一人で対応することになります。

 これまで、預金や個人向けローン業務に携わってきましたから、これらについてはあまり不安はないのですが、とにかく企業向けの事業性融資の対応が不安です。

 どういった申し込み内容のときに連帯保証人をつけたり、不動産を担保にとったり、基準が全く分からないのです。

 お客様から融資相談を受けたときは最初が肝心だと教わってきました。

 最初の入り口の段階で間違えることのないよう、考え方を教えてもらえるとありがたいです。

 

A1.

 はじめまして。あなたと同じ地方銀行に勤めています。

 最初営業で外回りをするときは不安ですよね。それまで支店の中で仲間に囲まれた世界から、ポンと外に置いていかれるような感じで、捨て猫の気持ちと同じ気がします(笑)

 最初は、色んな相談を受けても、とにかく簡単に答えないことが重要です。

 分からないことは分からないので、「一旦持ち帰って、検討の上で回答します」などと断った上で対応しましょう。

 融資相談において、不動産担保を要するケースや、連帯保証人が必要となるケース、これらは一概に基準はありません。事業性融資は、本当に色んなケースがありますから、総合的見地で判断する必要があるからなんです。

もし、事業性融資などに関して相談を受けたら、とにかく一人で抱え込んで悩まないこと。そして、お客様からの相談に対しては真摯に対応し、決して安易に回答しないこと。これが大切です。

 下手したら、後々、大きなトラブルになりますから、営業に出たばかりの頃はとにかく自制して、仕事に対して謙虚に向き合いましょう。

 

A2.

 うーん。難しい質問だね。

 でも、うちの銀行では、不動産担保をお願いするときは、会社の財務内容があまりよくないケースや、会社の財務内容に対して見合った金利を設定できないときにお願いすることが多いかな。

 あ、それと、法人の場合だとほぼ間違いなく代表者は連帯保証人に立ってもらってるね。そして、個人事業主の場合だと事業主の奥さんにも立ってもらっているなあ。

 連帯保証人についてはあまり深く考えたことはなかったけど、銀行内ではこれらが暗黙の基準みたいになってるよ。

 個人的には不思議なんだけど、不思議と手形割引や手形貸付みたいな短期貸付の場合では、連帯保証人をお願いすることはあっても不動産担保をお願いすることはないね。

 貸出期間が短いことが理由だとは思うんだけど、銀行にしてみたらお金を貸し出す以上は長期も短期も同じことだと思うんだけどね。

 あとは、預金を担保に入れたり、株式を担保に入れたりすることもあるよ。

 事業性融資や、銀行で言うところのいわゆるプロパー融資については、住宅ローンや個人向けローンみたいに決まりがないから、色んなことを総合的に考えて決めなきゃいけないよね。

 こればっかりは経験だろうから、たくさん相談を受けて、たくさん悩んで、いろんな人の意見をもらいながら実務上で勉強していくことが重要だと思うよ。


[PR]登録販売者の転職はここから

このブログ記事について

このページは、やまとが2016年5月24日 12:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読み始めたら止まらない!?」です。

次のブログ記事は「懐かしい感じです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク