医師と英語!オーストラリアで務めたいなら!?

user-pic
0

国際化が進みビジネススキルとして英語力はもはや必須となっています。もちろん医師においても英語などを語学が得意であることは、仕事を何かと優位に進めるのに役立ちます。戦前はドイツの科学技術が世界トップを誇り日本も明治からドイツ医学を採用したことから、お医者さんがよく使う言語はドイツ語、カルテ記入もドイツ語が主流でした。昔はカルテを暗号化して患者さんの秘密を守るためにドイツ語で書いた...という説もありますが、現代においてはドイツ語も英語も使われず、日本語でのカルテ記載が基本です。特に医療訴訟などで情報の開示が必要になることもあるため、誰が見ても分かる表記=日本語が推奨されています。

実際には日本語で書くと面倒な部分もあるため、英語の略語などを上手く使い、シンプル且つ効率的に書くことが多いようです。例えば心電図をECG(Electrocardiogram)、陽性をpositive、陰性をnegative、またもともと英語で馴染んでいる医療用語は、逆にカタカナに直すとややこしくなるためそのまま英語で書いたりするようです。

カルテへの記載はともかく、専門領域の研究や向学のために英語を必要とする機会が多くあります。例えば研究論文の執筆や発表においては英語ができることがベースとも言えるでしょう。どんなに良い研究をして成果を上げたとしても、それを皆が理解できる言葉で伝える力がなければ評価の土台に上がることはできません。国際的な学会や学術研究会では全て英語が世界の共通語とされるため、英語ができなければ研究成果の発表すらできないということになります。また、医学領域は世界中で日々日進月歩を続けており、それらの最新情報や研究内容を察知するには発表された英語の論文や文献を読み解く力を必要とします。

さらに近年は医療の高度化・多様化に対応するべく、大学院への進学、海外での留学、専門研究機関での勤務等を通じて自己研鑽に励む医師が少なくありません。特に国際化が進む中、海外へ渡る医師が増えています。医局制度が強い求心力を持たない今、海外臨床で経験を積んだ医師たちを積極的に受け入れる民間病院が増え、国外での臨床研修や修業留学などは実力主義派の医師たちにおけるキャリアアップの手段として定着しつつあります。そのため、英語は医師にとって可能性や幅を広げるための必須のツールと言えそうです。

海外へ渡る機会がない医師においても、外国人看護師や介護士の導入をはじめ日本に暮らす外国人比率の増加から必然的に英語でのコミュニケーションは必要とされています。(例えばなんですがオーストラリアの求人を探している医師の方ならこのページなどを見てみましょう。)




このブログ記事について

このページは、やまとが2013年9月26日 17:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お・も・て・な・し!」です。

次のブログ記事は「新しいシューズ、楽しみです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク